ベヨネッタ2

こんな方におススメ
・とにかくアクションゲームがしたい!
・華麗に戦って爽快感を味わいたい!
・1の戦闘は好きだけどレースやシューティングは苦手だった……
・1のバルドルのせいでルーメンの賢者のイメージが……どうにかならない?

・アクションの楽しさは健在
戦闘がとにかく気持ちいい!
迫力あるステージで強そうな敵と戦うと、それだけで興奮できます。
今作から追加されたアンブランクライマックスは雑魚戦でもボス戦でも役立ちます。
派手で強力な攻撃を広範囲に叩きこむ気分はこの上なく爽快。
雑魚を蹴散らし、強そうなボスをも圧倒できます。
戦闘と戦闘の間の移動もストレスフリー。
最初から動物の姿になって高速移動できるので便利です。
また、仲間と共闘するシーンが増えています。
あんなキャラやこんなキャラまで!
終盤の「彼女」や「彼」との共闘には燃えました。

・より遊びやすく、爽快に
難易度は1より下がっています。
1は途中から死にまくりでステージ評価もストーンだらけでしたが、初見でもシルバーやゴールドをとれました。
技や武器が揃っていない一周目で評価を気にすべきではないとわかっていても、石だらけだとちょっと落ち込みますから……。
制限付き戦闘のムスペルヘイムも、やり直した回数や時間は1に比べると遥かに少ない。
また、1で引っかかった部分が色々改善されています。
幾つか例を挙げると、
・QTE
緩くなり、即死する場面はほとんどなくなりました。必要な連打数も少なくなって指に優しい。
・レースやシューティングなどの別ゲー要素
短めだったり、状況が変わって退屈しないようになっています。
・巨大なボス戦の流れ
普段の戦闘に近い感覚で戦えるのが嬉しい。
1では「足場を移動して部位破壊→本体を攻撃」という流れが多かったのですが、今回ベヨネッタが飛行して直接殴り合えるので、「こんなに大きくて強そうなボスと真っ向から戦ってる!」感が味わえる。
・魔力の仕様
1のボス戦では守護蝶くらいしか使い道がありませんでしたが、アンブランクライマックスが加わったことで雑魚戦でもボス戦でも活用できるように。
溜まれば溜まるほど嬉しい。

他にも足場から落下した時のダメージがなくなる、高評価のために長々と逆走する必要が無くなるなど、細かな点が多数改善されています。

もっとも、改善してほしいと思う点はあります。
・姿が見えづらい
技の派手さや背景の迫力を優先するあまり、主人公や敵の姿が見えにくくなることがしばしば。
仮面の賢者一戦目の空中戦は、敵が背景に溶け込んで見えなかった。
アンブランクライマックスのエフェクトで敵の攻撃モーションが隠れて被弾することも。予兆の音も聞こえづらくなるので、避けにくい。
・ウィッチタイムが短くなっている
1に比べると、回避からの一方的な攻撃という「自分の時間」感が弱まっている気がします。
高難易度の人型ボス相手だと、WTを発動させてもたいして攻撃を叩きこめない。
長いコンボやラッシュを含むコンボが使いづらい気がします。
ダッヂオフセットをマスターして、コンボをしっかりつなげられれば問題ないのかもしれませんが……。
・急かされるのが煩わしい
アイテムを回収したりムスペルヘイムや隠しVerseに向かったりする時に、同行者からいちいち「こっちだ」「早くしろよ」と言われると「わかってるよ……」と言いたくなる。
特にムスペルヘイムと隠しVerseは高評価を目指すと行かねばならないので、急かされると理不尽に感じる。

ここからは不満というほどではありませんが……。
人型ボス以外の敵は1の方が印象に残る気がします。
喋らずとも強敵らしい登場に相応しい強さのグレイス&グローリー、失恋するビラブド、絶大なインパクトを誇るジョイ、清々しいまでにボコボコにされる四元徳など、1の個性豊かな面々に比較すると覚えづらい。
メインキャラのデザインについては1と2、どちらも好きです。

・ストーリーやキャラクター
いい意味でのバカっぽさは1より控えめになっています。
親友が自分を庇って滅びかけている状況で過度にふざけられても困りますからね。
また、1は「何だかんだで皆元気にやっていく」スッキリした終わり方でしたが、2は切なさの残るエンディングです。
1のように終わるのがいいか、2の雰囲気がいいかは好みによりそうです。
2のキャラの評価は以下のような感じです。
ベヨネッタ:記憶を取り戻し、幾らか落ち着いた印象。でも自重しない場面ではしない。子供に対する態度はすっかり保護者。
ジャンヌ:最後はおいしいところを持っていったが、もう少し活躍を見たかった。
ルカ:残念さに磨きがかかったイケメン。相変わらず軽いが子供に優しい。ラスボスをも素の口調に戻す空気破壊は見事。
ロキ:新キャラ。彼が何故アレを分けようとしたのか、そのあたりの心境を伝聞ではなく直接聞きたかった。再会が楽しみ。
仮面の賢者:「ルーメンの賢者=変態」のイメージを変えた男。熱い魂の持ち主でカッコいい。正体が明らかになるあたりから目立っていた。

・前作とのつながり
「ここでこの曲が来るとは!」「なるほど、そういうことか!」となるシーンが幾つもあるので、1からプレイすることを推奨します。
続編なのでストーリーが1からつながっているのは当たり前ですが、1「に」つながっているとも言えます。
そして、ベヨネッタやジャンヌ、ルカの印象は1とほぼ同じなのですが、1から2で評価が激変したキャラがいます。
2を最後までプレイすると、1での台詞の印象がガラリと変わる。
前作を同梱している理由がわかった気がする。
1から2をプレイして、1をまたプレイしたくなります。

1が好きだったという方には自信を持って薦められますし、シリーズ未プレイの方も1が同梱されているのでおススメです。


その他へ戻る


トップ アイコン