寄生獣について
こんな人にお勧め
・恐ろしい人外が好きだ
・どこか人間味を感じさせるとさらによし
・可愛い一面もあると最高だ!

あらすじ:人間の頭に寄生し全身を支配、そして他の人間を捕食する寄生生物、パラサイト。
主人公の新一は、脳は乗っ取られずに済んだものの右腕に寄生され、その生物――ミギーとの出会いによって様々な事件に巻き込まれることとなる。

キャラクター:好きなキャラを三人挙げると田村玲子、ミギー、新一。
特に、不気味だと思っていたミギーが可愛らしく思えてくるのが不思議でたまらない。
他の登場人物も、嫌いだったり「何だかなー」と思うキャラはほとんどいない。
後藤、広川、宇田さん、ジョー、倉森さん、村野、新一の父……平間さんや山岸もいい。
浦上の人格や所業はとても褒められたものではないですが、物語内での立ち位置がおいしい。

魅力:敵の正体や占い師の言葉など伏線の回収される様に唸った。
冒頭の「地球上の誰かがふと思った」から「生物(みんな)の未来を守らねば」という言葉によって「愚かな人間どもよ」という論調の話かと思ったが、人間側、寄生生物側、そして中間に位置する主人公側の考え方が描かれている。
「人間サマ至上主義、化物くたばれ!」でも「人間などどうしようもない存在だ、パラサイト万歳!」でもなく、バランスよくまとめあげている。
著者の当初の予定だと「愚かな人間どもよ」という方向に行くつもりだったらしいが、連載の中で考えが変化し、さらに踏み込んだ内容になりながら見事に着地したのは素晴らしい。

主人公の新一が一般の人間から精神の在り方が離れていくことを自覚し、葛藤する姿が重い。
あることがきっかけで身体能力が大幅に向上するが、パワーアップイベントという喜ばしいものではなく苦悩することになる。
気取った言い回しや格好いい単語は使われず、自然な流れの中で吐き出され、しっかり心に残る。

印象に残った場面・台詞など。
※ネタばれも含まれますのでご注意を。

「悪魔に一番近い生物は人間だと思うぞ」
(殴られて怯えた人間に対して)「よっぽど痛がり屋なんだろう」

痛みを感じない某影を連想してしまった。
「切り離してやるからね!」
直後目に入ったものが……。
「ぼ……防御たのむ」
石を投げた時と同じくらい、熱い攻撃だと思いました。
「だまれ」
夢に出そうなほど怖い。そのあとに「よく調教してあるでしょ?」と当たり前のように言うのが……。せめて教育と言いなさい。
「走れ! 追うんだ! そして殺す!!」
だいぶなじんできたところに冷血発言。種の違いを、越えられない溝を感じる。
「里美……! おれの体! おれの体には!」
新一が強いからこそ秘密を抱え込み、苦しむことになるのだろう。もう少し弱ければ誰かに吐き出し、悩みを打ち明けて楽になれたかもしれない。
鏡の前で高らかに笑う田村玲子
子供を育てたり、自然に笑いがこみあげたり、変化し続ける存在。変わり者だと思う。
「もし本当の人類のためを思うなら、きみは名乗り出るべきなんだ。たとえ実験材料にされるとしても!」
高説を述べた直後の素直な反応に笑いました。
「どけよ! 人間ども!!」
主人公の精神はどこへ行くのか不安になった。「殺す!!」と、獣のように殺気全開で激怒していますし。
「その相手なら殺したよ」と顔をゆがませて笑う様が痛々しい。
「なれますよ……名探偵に」
平間さんかっこいい!
草野さんの「冥土の土産に教えてやろう」的な発言。
それ、敗北フラグですから。
予想通りというべきか、三対一で襲いかかったのに返り討ちに。
「三人いれば勝てると思ったのか?」
田村玲子、恐るべし。ボスキャラのような威厳。下手な悪の組織の幹部より迫力がある。「冷血の戦い」というサブタイトルがまた格好いい。
「自分がどこからきてどこへ行くのか……なあんて、人間ぽく考えたことある?」
己の在り方を考え、進む道を模索することを人間らしさと考えるならば、ダイの大冒険のハドラーやミストもまた人間らしいと言える。
「俺にとっては戦いこそが……!」
バトル漫画では戦いを至上とするキャラがよく登場するが、田村の問いやミギーの存在を考えると感慨深いものがある。
一か八かの策(と言いつつも伏線があり、確率は低いが説得力十分)があと一歩というところで失敗し、大変な事態になるシーン
緊張感が半端なかった。主人公たちが殺されるかと思い冷や冷やした。重要人物も容赦なく退場するので油断できない。
「なにやってる!! このまぬけ!!」
登場時は不気味、序盤は冷血という印象しかなかったミギーが……!
『寄生獣』や『寄生』の意味が明らかになった場面
タイトルがここでくるのか!と痺れた。
最終話のミギーの言葉
腰?に手を当てたポーズのミギーが可愛い。高らかに人間賛歌を謳い上げるのではなく、さらりと言い放つのがミギーらしい。

グロそうということで敬遠していたが、一度読みはじめると止まらずに最後まで読んでしまいました。
何度読んでも飽きが来ないマンガです。

その他へ戻る


トップ アイコン