片道勇者

こんな方におススメ
・数時間くらいでクリアできるのが望ましい
・シルフェイド幻想譚みたいなRPGが好みだ
・全裸で世界を救う勇者になりたい

迫ってくる闇から逃れつつ、敵と戦い強くなっていくゲーム。
サクサク遊べて、何周もしたくなる内容です。
もたもたしてるとゲームオーバーと言うと、シルフェイド幻想譚みたいです。
そこまで気にしなくていいのも似ています。
左端から迫りくる闇に呑まれてはアウトですが、よほどうろうろしない限り大丈夫。
へたくそなので仲間や高難易度などまだまだ味わい切れていませんが、軽く触れていきます。

・各クラス
剣士:シンプルでバランスのとれた職業。色んな意味でサクサクいけます。
Cはドット絵を見てメイドかと思ってワクワクしたのに……おのれリス君!
騎士:これまたシンプル……なはずが、使いづらいのは気のせいでしょうか。
初心者向けのはずなのに、他よりごり押しが通じにくい。まだクリアしていません。
狩人:敵を察知できるのが便利です。
距離をとって一方的に攻撃できるのが魅力。自分は傷つくことなく敵をいたぶりたい時に。
Cのグラフィックが好きです。
海賊:豪快。力押しが可能。
初期装備が恵まれているので、騎士よりもこちらの方が初心者向けな気がします。
冒険家:アーサみたいな存在感。器用さで切り抜けていく特性を活かしきれず、クリアはまだです。
理術士:いちいち集中してからじゃないとフォースが使えないのが痛い。祈りの杖を倉庫に入れ忘れたのが悔やまれる。
詩人:使いこなせない!
倉庫無しで何度か挑戦していますが、序盤で死にます。引き継ぎがないとクリアできる気がしない。
そもそも仲間と遭遇する機会自体少ないため、今のところ魅力が感じられない。
勇者:勇者というだけあってオールマイティかと思いきや、かなりクセが強い。一対一、正面の戦いにもっていけば強い。
服を脱ぎ捨て、ついでに武器も捨てた時の強さは恐ろしいほど。

・全裸プレイ
狼煙氏の作品のお約束、全裸プレイ。
馬鹿には見えない服は無いのかと思っていたら、呪文という形で登場。
「もう二度と服を身につけられなくてもいいという覚悟……!」
カッコいいことを言っているようで全然言ってない。
世界を救うため、大切なものを捨てる覚悟……悲壮なはずなのに笑える。
全裸に素手で殴りかかる勇者に比べると、服着て火炎撃ってくる魔王がまともに見えます。
町の人の反応も変わるのが細かい。
特に防具屋。あんた普通に喋れたのか。
テンション高い人から冷静にツッコまると、頭が冷えますね。
女勇者だと恥ずかしそうな顔グラフィックに変わるのも細かい。
戦闘力の方は、敵からの攻撃が重いですが、回避力の高さで補っています。
厳しい旅初クリアも全裸に素手でした。

・魔王
倒した時の反応からすると、事情がある様子。
話を聞いてみたら嫌な予感的中だよ!
悲しいラスボスはカオスで腹いっぱいなんですよ!?
カオスみたいなことするのはやめてくださいって!
○○にできて本当によかった。その状態でクリアした時は○○○する描写は無かったですし。
それと、今まで全裸で殴り倒してごめんなさい。
倒した魔王からコートを剥ぎ取る勇者の図を想像すると、微妙な気分に。
現時点で一番好きなキャラになりました。続いて王女、王が好きです。

・全体
所々笑いの要素もありますが、全体的に真面目です。
シリアスとギャグの割合が、私にとってはちょうどよく感じられます。
裸で町に入り住人から引かれても、エピローグではしんみりとするのが不思議なほどです。
まだまだ始めたばかりなので二、三名しか仲間にしていませんが、他のキャラも仲間にしたい。
その気になれば人間を斬り倒して悪人プレイも可能なので、挑戦してみたいですね。
下手な自分でも、かなりやりこめそうです。

※追記
一通りキャラを仲間にしてエピローグを見たので、その感想を。
イーリス:1〜3の中で、3が一番好きです。音楽も沁みる。『B.B.ライダー』のシリアスなシーンが蘇ります。
主人公の刻んだ言葉が印象に残ります。
ギャグを交えつつ、カッコいいところはカッコよく締めてくれるから盛り上がります。
フリーダ王女:綺麗な終わり方でした。珍しくロマンスの香りが。
ダンジョンで間違って雷光で消し飛ばしてごめんなさい。
ヴィクター王:いい意味で消化不良感があります。魔王を倒しても、真の意味で終わってはいない。
もう一つの方だと魔王が○○○いるという真実が明らかに。王の素顔はやはり魔王と似ているのでしょうね。
ネムリ:「獣耳とか尻尾とか可愛いなー」と和んでいたらあんな展開になって凹みました。
シルフェイド幻想譚のシイル防衛戦失敗など、明るい冒険譚と思いきや容赦無い部分もあるんですよね。
これでいいのかと疑問を抱きながらも、元気にやっているのでこれでいいかと思いました。
パンティ:一番ハッピーエンド感が溢れています。パンティとイーリスは相性がいいみたいです。二人のかけあいが楽しい。
デュークガルツ:最後までコイツらしい。剣の恨みを忘れかけました。

しんみりする終わり方が多いです。
魔王もヴィクター王もフリーダ王女も背負ってきた人だった。
一番後味爽やかなのはパンティです。
スッキリするパンティ……誤解を招きそう。
完全なハッピーエンドでなくても読後感がいいのは、前向きな姿勢だからでしょうか。

そして、一番感動したのはもちろん魔王エンドです。
『風の色、鮮やかに』のタイトル画面やエンディングで流れていたのと同じ曲のため、心にガツンときました。
『月夜に響くノクターン』と『風の色、鮮やかに』にハマっている分、曲による感動が大きくなりました。
エンディングを思い出し、それに引きずられてカオスの会話が浮かび上がっておうわあああ!
以下、ネタバレなので反転。
もう少し世界を見ていたい?
大歓迎ですとも!
ヴィクター王のエピローグを見て「魔王はもう……」と思って沈んだので、ついてきて、平和になった世界を見てくれてよかった。
……それが短い間のことでも。
主人公がいてくれて嬉しい、皆に恨まれながら死んでいくつもりだったからと語る魔王。
魔王の微笑はノクターンのカオスのような表情だったんだろうな。全てから解放されたような。
カオスは絶望しきっての表情ですが、魔王は逆だった。
彼女が守りたかったものを守れてよかった。

その他へ戻る


トップ アイコン