仮面ライダークウガ

あらすじ
西暦2000年、長野山中の九郎ヶ岳遺跡内の棺の蓋を開けたことによって、封印されていた異形の者達グロンギが復活し人々を襲い始めた。
遺跡から発見されたベルトから戦士のイメージを感じ取った主人公の五代雄介は、腰にそれを装着する。すると五代は戦士クウガに変身し、怪人を退けることができた。
だがこの騒動は、未確認生命体事件の序章に過ぎなかった。
人々の笑顔を守るために、五代は一条薫・沢渡桜子らとともに異形の怪人達と戦う。

こんな方にオススメ
・自分が自分でなくなるかもしれないという覚悟までして戦う主人公は悲愴だけど燃える
・そんな主人公を支える、頼もしい相棒に惹かれる
・『ダイの大冒険』双竜紋解放前後の流れが震えるほど好きだ
……最後は妙にピンポイントですね。

普段「悪役大好きー!」「主人公も悪役も好きだ!」と言うことの多い私が「主人公コンビ大好きだ!」となった作品です。
もちろんグロンギも魅力的です。ただし、「敵であっても彼らなりの正義、信念がある」タイプの悪役ではありません。漫画やアニメ等を見ていて異種族との共闘・共存を考えることが多いですが、彼らとは到底わかりあえる気がしない。彼らが人間に協力する展開になったらそれこそ興ざめです。人間に破壊や殺戮を振りまいてこその彼らです。「何故怪人は一斉にヒーローを襲わないのか」というお約束の疑問に対する答えが「人間を標的とし、ルールを決めた殺人ゲームを行っているため」ですから。
かといって、「悪い奴やっつけたぜ!」だけでは終わらない。
敵と同じ化物扱いされたり、勝手なことを言われたり、決して輝かしいヒーローではない。
それでも皆の笑顔を守るために戦い続けるうちに理解者が増え、互いに協力するようになります。

特に好きなキャラクターについて
※ここからはネタバレを含みます。

五代雄介
「だから……見ててください! 俺の、変身!!」

共感できる身近な人間というより、憧れるヒーロー像そのままの男といった印象を受ける。逃げ出さず、弱音も吐かず、苦境を乗り越える。そのため超人に見えるが、心をすり減らしていったことが最終決戦でうかがえる。
自分が生物兵器になるかもしれないという恐怖や暴力を振るう嫌悪感、敵とわかりあえない現実の悲哀に耐え、みんなの笑顔を守るためにひたすら戦い続けてきた。
自分が自分でなくなるかもしれないという覚悟で最強の力を解き放つ場面において、ダイの大冒険の主人公を連想しました。

一条薫
「君には冒険だけしていてほしかった」

なぜかさんづけしたくなる。
民間人の五代が戦うことを快く思っていなかったが、次第に絆が深まり、よき相棒へ。
携帯をマナーモードにする以外何でもこなせる万能刑事。
射撃の腕がとんでもない。一体どうやってそれほどの実力を身につけたんだ?
まあ、これは立派な警官になるための本人の努力の結晶だとして、特筆すべきはその頑丈さ。純粋な人間のはずなのに異様にしぶとい。思わずヒュンケルかとツッコみたくなる。不死身と書いてヒュンケルと読む。
生身でグロンギの攻撃をくらってもわりと平気なので、下手すれば人外の域に到達した五代より頑丈に見える。
下級グロンギでもかなりのパワーなのに、パワーアップしたゴオマやガドル閣下からぶっとばされても生きているって……。普通の人間ならば死ぬか重傷です。

ラ・バルバ・デ
一条さんとの絡みでインパクトが大きくなった。
リント(人類)もやがて我々と等しくなりそうだ、という言葉が重い。

ゴ・ジャラジ・ダ
「君達が苦しむほど……楽しいから」

頭の中に針を埋め込み肥大化させて殺すというえげつない殺害方法。獲物の怯える姿を楽しむ腐れ外道としかいいようのない性格。
子供の頃に見ていたらトラウマ確定の敵。
主人公がやっつけてめでたしめでたし、で終わるかと思いきや……。

ゴ・ガドル・バ
ファンからは閣下と呼ばれているらしい。ゴ集団でもトップの強さを誇る。
戦う力を持つ者を標的とする武人タイプの敵で、四種のフォームを使い分けたり電撃の力で自分を強化したり、強さに対して貪欲。
人間体も軍服を着ていて威厳があります。

ン・ダグバ・ゼバ
「もっと僕を笑顔にしてよ」

クウガのラスボス。
恐ろしさと強さを高レベルで備えた存在。
人間体は穏やかな青年ですが、外見に反して極めて残酷な性格の持ち主。それも、虫をちぎって遊ぶ子供のような純粋ささえ感じさせるので怖ろしい。
変身した姿はアルティメットフォームと対になるかのようで、白に金の装飾がなされ、王者の風格を漂わせるものでした。
アルティメットとダグバの姿がともに格好良すぎて自然発火しそうです。
単純なスペックの高さだけでなく、同族を二百人“整理”し、遥かに多くの人間を殺し、自分と同じ力を得たクウガとの戦いをも歓迎した心に恐怖を覚えた。
『うしおととら』の白面の者や『からくりサーカス』のフェイスレスでさえ可哀想だと思う部分はあるのに、ダグバに関しては全く思えない。
変身が解けた状態で殴られ血を吐いても、笑いながら殴り返す姿は遊びに興じる子供そのもの。
最後まで暴力をぶつけ合うことを心から楽しんでいた。

桜子さんや椿、榎田さん、蝶野、ゴオマやドルドも好きです。

特に好きなエピソードは「変身」「愛憎」「空我」です。

その他へ戻る


トップ アイコン