B.B.ライダー
フリーゲームの感想を。

遥か昔、英雄として戦った男――ニトス・ジークフリードが少女ロウリィに召喚され、新たなる闘いに身を投じることに。
戦闘はやや単調で、所々エロかったりグロかったり癖がありますが、ストーリーが良いので先に進めたくなります。

最初はギャグ全開で『シルフェイド幻想譚』を連想しました。そういったノリが好きな方は楽しめると思います。
まさか主人公がいきなり○○でヒロインの前に現れ派手に闘うとは思わなかった。
『シルフェイド幻想譚』でバカには見えない服を着た時ですら股間は葉っぱ一枚でガードしていたというのに……恐ろしい男だ。
敵からも変態変態連呼されます。

守った町の住人から敵だと誤解され石を投げられるシーンで「おお、これぞヒーローの悲しみ……」などと感慨に耽っていたら直後に台無しにされました。
「英雄の悲哀を期待したのが間違っていた!」と思いきや、裏切られます。
最初は身近な者を守るために戦っていた主人公。強くなるにつれて守る範囲は広がったが、人々からこう呼ばれるようになりました。
化物と。
「どっちが化物だかわかりゃしない」
……無条件に崇め称えろとは思いませんが、あんまりな言い草。
戦えば戦うほど嫌われていった、とさらりと言い放つのが切ない。
魔族にも恐れられる力を持ち、守った相手から疎まれる中で戦う理由を見失い、苦悩。
某少年漫画の主人公を連想します。
本来戦うのは近しい者達のためで、疎まれてまで赤の他人のために戦う筋合いはない。
家族のいない時代に来ても闘う理由は無いはず。
そんな彼が戦う決意を見せるシーンは格好いい。

前半のギャグがあるからこそ後半のシリアスさがいっそう光ります。
特に十一章からの展開に引き込まれます。
ニトスの辿る道は重すぎる。地獄の中で生きる決意を固めた姿が悲痛。
己が人間であることを捨て、安息を捨ててでも大切な者のために戦い続けることを選んだ。
ご都合主義でない結末だからこそ心に残るとわかっているのですが、彼には幸せになってほしかったです。
隠しエンディングなものがあれば、そこで彼のささやかでありながら重い「夢」が叶ってくれれば……と心から思いました。

他のキャラも素敵です。
最初ニトスを召喚したロウリィを理不尽だと思っていましたが、段々可愛さが見えてきます。
戦友、ガレリアンの言葉も心に響く。
人々のために剣を振るう中で、ニトスは精神をすり減らし、感情を捨て、心が空っぽになっていった。
だから、今の時代に召喚されてもなお戦う友の姿をこれ以上見ていられない。
説得は苦手だからと剣をもって語り合う熱い心の持ち主。
いい男です。

悪役集団の中では龍曲を操るロンドが美味しいキャラです。
生真面目で口数少なく、実力者。孤高な雰囲気が漂っています。
豪邸への潜入を命じられた彼は命令に忠実に従い、意気込んで実行する。
……メイドに女装して。
もちろん男だとすぐバレる。
お前は何がしたいんだ。
おまけにボケている。
ツッコミがツッコミになっておらず、逆にツッコまれる始末。
無理するな。
話の流れ的に主人公達と戦う様子もなく、実力が発揮される機会は無いかと考えていたら終盤で見せ場があった。
しかも強かった。
滅茶苦茶強かった。
ロンドは美味しいところをもっていきました。
普段メイドに女装して頑張ってボケたりツッコんだりしているとは思えない。

逆に小物臭がプンプンするのはケインツェル、ツヴァイ、オラトリオ。
そして三人を遥かに超えるかませの帝王、ルシファー。
偉そうに振る舞い冥王なんて呼ばれていながら散々な扱い。
外見からほのかにかおるかませ臭……などと思っていたら予想以上に小物でした。
バーン様の王者の威厳を見習ってほしいものです。
ロンドの強さや格好よさの前に冥王の名が泣きます。吹き飛びます。
シルバを認めていたとわかるロンドの台詞にグッときた。

シルバも渋い。
己の信念を貫き生き抜いた男。他者を踏みにじる悪役でも生き様は格好良かった。
彼が切り裂きトーレの正体を知ったら果たしてどう思ったか気になります。
朝ごはんは食べない派らしい。

ヴァジュラが登場した時、大物らしく渋くてよし……と思っていたら、あの最期は反則だ。

各々の持つ英雄像、「英雄になれなかった」と語る主人公が真の英雄となる様、大切な者のために選んだ答えなど見所がたくさんあり、「英雄」の意味について考えたくなります。。
輝かしいおとぎ話のような英雄譚ではなく、地を這い、泥にまみれ、転んでも立ち上がる男の物語です。

追記
ED曲の「悲刃」がカラオケ入りしたそうですので、嬉しくなって追記。
※ネタバレ全開ですのでご注意を。
歌詞がニトスの生涯にピッタリで心を打たれます。
ゴリッチュさんの作品の中では『B.B.ライダー』が一番好きで、黒き風のヴァジュラは好きなラスボスの一人です。
主人公と同種の力を持ち、同じ技を使う。しかし地力、実力は主人公を凌駕している。乗り越えた戦いの数、絶望の深さなどなど数々の要素で主人公を上回る。
これは盛り上がる。最後の闘いに相応しい。
今の自分対未来の自分。主人公がラスボスでもある構図は燃えます。
昔はノリノリでギャグ道突っ走る勢いだったのに、威厳と悲壮さ溢れるラスボスになるとは思わなかった。
ビフォア「I love おっぱい!」
アフター「お前の光では誰も照らせない」
変わりすぎだ。
千年も戦い続ければ性格変わって当然ですけど。

ニトスの生涯について大ざっぱにまとめてみます。
1200年前
村が全滅したりこの時点でいろいろと悲惨
魔王の子らであるマギスンやサラドと出会う、サラドと仲良くなりマギスンを好きになる
サラドが真なる魔王に
真なる魔王と化したマギスンを殺す
現代に召喚される

現代
BBの魔力が流れ込んだことにより人間でなくなっていく
ロウリィを消滅させないためBBを隔絶させる=真なる魔王に
自分の手でサラドを倒す
ヴァジュラと戦う
1200年前に帰還

1200年前
千年間戦い続ける、人々から疎まれ化物扱いされる
人としての心がなくなりつつあったが、ロウリィが誕生しなくなるため滅ぶことも選べない

200年前
マルコ(後のシルバ)と出会い人間達に処刑される
人としてのニトスは死に、黒き風のヴァジュラとなる
こぼれた魔力で亡霊を生み続ける
ハイブリッドを生むが、助けを求める彼女を無視

現代
ロウリィが生まれる、不完全な彼女が他の亡霊に喰われないよう守り続ける
召喚された過去の自分との邂逅、マハートで真なる魔王として覚醒
過去の自分に敗れた後、ロウリィの手によって滅ぼされる

悲惨すぎる……!
あと、混乱防止のためにメモっておきます。間違っていましたらご一報を。
ヴァジュラ:
ニトスの未来の姿。世界に仇なす存在。
BB:
真なる魔王が封じられている。マギスンの魔族としての魂。
ロウリィ:
マギスンの人の魂とヴァジュラの魔力が合わさって生まれた不完全な亡霊。亡霊のままだとヴァジュラが倒されれば消滅し、魔族の魂=BBと融合すれば完全な存在となり、真なる魔王と化してしまう。(それを防ぐためニトスは直接BBを取り込む)
オラクル:
ニトスの人の魂と以下同文。不完全な亡霊で、ヴァジュラが倒されれば消えるため完全にはなれない。
ハイブリッド:
サラドの人の魂と以下同文。他の亡霊に体を喰われ融合を繰り返した結果混雑種に。ニトスを憎悪する魔物の魂の集合体。

戦い続けて忌み嫌われ、愛する女性と出会っても喪い、召喚された先で安らぎを得たと思ったら少女の未来を守るために代償を払い、元の時代に戻って千年間戦い続けて、人間に処刑され魔の存在となり、最後は守った少女の手で殺される。
この終わり方だからこそ強く心に響くのだとわかっていても、ニトスには幸せになってほしかった……!
ニトスだけでなくサラドやマギスンやハイブリッドやガレリアンやオラクルや他の人々も。
ゴリッチュさんの作品で私が好きなキャラは皆アレな結末を迎えてばかりな気がします。
ネロスは旧世界に残るしフェンリルは消えるし閃はエグイ最期を迎えるし。
とにかく、ニトスのその後を妄想せずにはいられず、試しにチラッと書いてみました。
空気や余韻をデルタブレイクされても大丈夫だという方はこちら

その他へ戻る


トップ アイコン