大神について
タイトル:大神
ハード:PS2
価格:ベスト版は3129円
ジャンル:ネイチャーアドベンチャー

こんな方にオススメ
・犬が好きだ
・自然に癒されたい
・水墨画が好き
・日本神話が好き
・覚悟ができない
・太陽を奪われたなどの理由で神々を憎んでいる

主人公のアマテラスは白わんこに見えるけれど狼です。トボけた顔をしていても実は神様。時には神に相応しい格好よさを見せます。全盛期のアマテラスは神々しく凛々しい姿でした。
真っ先に思うのは、アマ公をモフモフしたいということだ!
画面は水墨画風で和の雰囲気を醸し出しています。美しい自然に心が癒され、大草原を駆けまわるだけでも楽しい。
特筆すべきは『大神降ろし』。呪われた土地に生命が蘇り、邪気を吹き飛ばしていく様は感動すら覚えます。
普段は和む雰囲気ですが、時には容赦ない展開が。その分強敵との戦いが燃えます。
特にラスボス戦での流れは鳥肌が立った。音楽と今までの物語が重なり、思わず涙ぐむほど素晴らしい。
キャラクターも魅力的で、生き様で覚悟を示す者が多く胸が熱くなります。
戦闘の難易度は低めですが物足りない人のための戦闘もあり、そこでは凶悪な強さの敵が待ち受けています。サブイベントも手ごわいです。漢壁とか茶色い悪魔とか。
重要なのが『筆しらべ』というシステムで謎解きや戦闘に活躍する。主人公が筆を走らせると物が断ち切れ、風が巻き起こり、雷や炎が奔る……慣れてくるとこれがまた気持ちいい。
この値段でこのボリュームだと断然お得なので、PS2を持っているならば迷わずオススメです。
欠点らしい欠点が見当たらない神ゲー
、いえ、大神ゲーです。

音楽について
※ネタバレがあります。
ベスト3を決めるなら「ありがとう」「太陽は昇る」が同着一位、続いて「両島原」。

順々に見ていきましょう。
呪われた神州平原:呪われたという言葉と違って奇麗で切ない感じがします。
大神降ろし:視覚での癒しと合わさって心が洗われる。花が、草木が、生命が闇を祓い蘇る様は圧巻。
神州平原:何もせずに駆け回ってるだけで楽しくなる。
タマヤのテーマや桜吹雪も好き。
ウシワカ演舞:カッコいい。
クシナダを乗せて:緊迫感が出ている。彼女の決意が伝わってくるようです。
ヤマタノオロチ退治:其の一から其の二への変化が熱い。
極北の國カムイ:厳しい大自然を連想させる。ウエペケレも同様。
勇者オキクルミ:『本当の強さ』からつながる名曲。
双魔神:時計のイメージでぴったり。
別れの時:悲しくなる。天神族のテーマもそうです。
常闇ノ皇:重厚な音が無機質な姿と合わさって不気味な雰囲気を醸し出している。オルガンちっくな響きが素敵。
大神白野威:神々しい。神様たる威厳に満ち溢れている。

両島原:特に昼間の太鼓に迫力がある。海岸の景色と見事に合った力強さ。
ありがとう:涙腺崩壊の危機に晒される。逃げ出した者が覚悟を決めて使命を果たす、離れ離れになった相棒から勇気づけられる、旅の中で出会った人々から力をもらう、全盛期の力を取り戻す、などなどまさしく王道、ツボをことごとくついてくる。曲だけでも場面が思い浮かぶ。
太陽は昇る:最終戦とは思えぬほど明るく力に満ち溢れていて、「負ける気がしない」と確信できる。これ以上相応しい曲名はないだろう。この曲を聞くと『ダイの大冒険』に登場する大魔王の台詞を思い出してしまう。
冒険の中で流れたメロディーが使われており、旅の答えになっていると思う。

その他へ戻る


トップ アイコン