大神感想 第三章

双魔神戦

双魔神戦は二回あります。コタネチクを生贄に大先生の強さが拝める一戦目。モシレチクも加わった二体にオキクルミと挑む二戦目。どちらも燃える。
一戦目は全盛期の大神、白野威の強さに刮目せよッ!
筆神を全て取り戻し、筆しらべの操作にもある程度慣れ、ある程度は近づいているだろうと思っていたら足元にも及びませんでした。
筆さばきは目にとまらず、威力も範囲も桁違い。アマテラスが何式を会得しようと届く気がしない。零式と言われても驚かない。
一閃は不可視の一太刀どころか無数の斬撃の領域に達し、疾風はもはや自然災害、輝玉は巨大爆弾と化す。
この三つ以外も見たかった。
白野威が霧隠を使ったら、「時の狭間に惑わす」を通り越して完全に時を止めてしまいそうです。ザ・ワールド。
爆炎など球体ではなく優雅なる不死鳥の姿になるのではないでしょうか。
古よりタカマガハラではこう呼ばれる。カイザーフェニ……燃神様と!
今のは墨九つ消費ではない……三つだ。
白野威の強さでプレイしてみたいとも思いましたが、蹂躙ゲーになりかねない。

カムイの危機
極北の國、カムイは魔神の起こす吹雪などにより危機に晒されている。
オキクルミは宝剣クトネシリカを持ち出し、立ち向かおうとしている。
クトネシリカが青鈍色に光ればどんな妖怪も容易く滅ぼし、脅威を祓うことができる。
しかし、手にしても変わらないため、オキクルミは妖怪を退治すれば光るだろうと考えます。
国を護ろうとする意気込みや責任感の強さゆえに目が曇り、大切なものを見失うことに。

三章後半の流れは時々混乱するので自分なりに整理してみます。
・アマテラスが幽門扉で百年前の神木村へ。白野威の姿は見当たらない。
・白野威不在のまま真・ヤマタノオロチに挑む。イザナギとともに戦ったのは白野威ではなくアマテラスだった。
そのためオロチの強さは「全盛期の大神でも刺し違えるのがやっとだった」わけではない。
ここで神話の真実が明らかになった。
(この時、白野威は現在――つまり百年後のイリワク神殿に行っていた)
・イザナギが油断してピンチになったところに白野威登場。
大岩を受け止めて息も絶え絶えだったのは、致命傷を負った状態で百年後から戻ってきたから。万全ならば他に対処のしようもあったでしょうが、限界だったため自分の身を盾とするだけで精一杯だった。
・白野威は死に、アマテラスが現在に戻る。(実際の戦いと冒頭で語られている神話の内容が違うのは、そのまま伝えると聞き手に混乱を招くためか? 呑みこみやすい形に脚色したのか?)
・イリワク神殿を進みコタネチクと対峙。ここで百年前からやってきた白野威が登場。
・白野威と共闘。全盛期の力をこれでもかと見せつけるが、オキクルミを庇って致命傷を負う。
・オキクルミとアマテラスが双魔神を撃破。白野威がボロボロの状態で百年前、真オロチ退治後に戻る。
白野威が死ぬことになったのはオロチと戦ったからではなく、双魔神の攻撃+大岩を受け止めたためだった。
こんな感じでしょうか。

オキクルミ
彼には迷台詞も名台詞も多い。
まずは迷台詞から。
第一位「そこで凡人と英雄が別れるのだ」
追撃しようとした時、反撃を警戒したイッスンから制止されての返答。
一見勇敢で格好いいが、見事に敵の奥義をくらいました。
白野威が警告したのを無視して突っ走って敵の術中に嵌りはねのけた相手から庇われその相手は身代わりとなって致命傷を負う……ずいぶんカッコイイですね。
どこが英雄だ。凡人。
第二位「それがどうした?」
小さな女の子が危ない目に遭っている時の台詞。
何が英雄だ、笑わせる。

そもそも彼は目的と手段を取り違えている。クトネシリカを光らせようとしたのは、光った剣の力で魔神を倒して平和を取り戻すため。それなのに、「魔神を倒して剣を光らせる」と逆のことを言うように。
いつの間に手段と目的が入れ替わったんだ。
危険な戦いに身を投じる度胸があるのに、応援する気になれなかったのは何故なんだろう。
ビビってるスサノオが大切な女性を守りたい一心で妖怪に立ち向かったのに比べ、守ろうという気持ちを忘れていたためか?
強い妖怪を倒せば剣が光ると考えた彼は幽門扉を通って過去へ。アマテラス達も続きます。

百年前の神木村
どの家の中にも神棚があり、現在のナカツクニと違って信仰心が篤いことがわかります。
百年前、当時のアマテラス――白野威はオロチの手下だと勘違いされ、村中の者から忌み嫌われておりました。
神に対する信仰があるため隈取りが見える=ただの獣ではない怪しい奴と見なされ、妖怪扱いされたのかもしれません。
人々から恐怖され、怒りをぶつけられるのが悲しい。現在の神木村の住人の態度と比べるとなおさら。白野威が誤解を解こうとしなかったのは、予言の者を待つしかなく、生贄の風習を止められなかったことへのけじめでしょうか?
アマテラスたちが村の中を見て回っても白野威の姿は無く、オロチ退治に行くことに。
オキクルミは真・ヤマタノオロチを前に絶好の獲物だと斬りかかります。
妖怪にかどわかされた女の子の安全を後回しにして。
赤の他人ではなく知り合い。しかも国を救うために必要な存在。なのに「それがどうした?」はないだろ。
焦りや余裕のなさが伝わってくる。もう完全に周りが見えなくなってる。

オロチに攻撃を仕掛けるも、結界に阻まれ手も足も出ず。
強大な敵にも持ち主の危機にも剣は一切反応なし。
混乱し、途方に暮れて殺されそうになったところに響いたのはイザナギの声!
「か弱き者を虐げようという不埒なる輩は――我が御佩刀を以って退治てくれようぞ!」
さすが伝説の英雄として後世に語り継がれるだけはある。性格はスサノオそっくりですが、普段の鍛え方や実力は彼の方が高いようです。
オキクルミ、弱い者扱いされてます。完全に立場無し。
オロチに全く歯が立たなかった彼の眼前でイザナギの剣が金色に光り出す。
七字の印契によって首を切り落とし、最後に衝天七生で切り裂く。これは先祖も同じ。
自分にできなかったことを容易くやってのけた英雄の姿にオキクルミは愕然とする。
衝撃を受け、ますます精神的に追い詰められた彼はさらなる暴走へ。

白野威との共闘
現在に戻ったアマテラスはイリワク神殿を進み、コタネチクと対峙。
そこに現れたのは百年前からやってきた白野威でした。
アマテラスは可愛く格好いい。白野威は凛々しく神々しい。
白野威、アマテラス、そして両者が揃って遠吠えする様に燃えます。
協力してコタネチクをボコボコにするのですが、見てて可哀想になるくらい一方的な戦いです。形の上では二対一でも実質的には一対一。白野威に任せているだけでかたがつく。アマテラスは見ているだけで大丈夫。半ば置いてけぼりです。
終盤に登場するボスが手も足も出ないって……とんでもない。
結界さえなければオロチも秒殺されていたであろう強さです。
追いつめたと思ったらオキクルミが乱入。警告を振り払って飛びかかったところにザ・ワールド発動。
時間停止で動きを止められ、無防備になったオキクルミに攻撃が迫る。それを白野威が身を挺して庇い、杖が完全に胴を貫通。痛々しい。
ここは本当に「うわあああ白野威ィィ!」「オキクルミてめえええ!」と叫びたくなりました。
白野威が転落しかかっているのに、「今なら殺れる」と逃げていく双魔神を見つめた時にはもう……。
双魔神を仕留めるか、白野威を助けるか――彼が選んだのは後者だった。
その行動が凡人と英雄をわけるのでしょう。
白野威を救うために剣を振るった直後、クトネシリカが青く輝きます。
凡人が英雄になった瞬間です。

本当の強さ
青鈍色に光る剣を見て、ようやくオキクルミは己の過ちと本当の強さに気づくのでした。
「剣を振るう己の心が曇っていては、カムイの守護神たる宝剣クトネシリカが光ろうはずもない」
「俺はこの剣で国を護るどころか、身近な命さえ守ろうとしていなかった……!」

己のなすべきことを悟った彼は格好いい。
状況を把握し、適切な行動をとってみせる。頼もしい存在です。
カイポクの言葉やサマイクルの態度からすると、彼の性格や行動は元々このような感じだったのでしょう。国を護ろうとする想いが暴走しただけで、本来は英雄に相応しい器だった。
BGMが『勇者オキクルミ』に切り替わるのが熱い。
オキクルミとアマテラスのツイン遠吠えにも燃える! 想いが共鳴している。
「今度こそ奴らを仕留めてやる。我々の力を合わせてな!」
よく言った。それでこそ勇者。
神殿を進み、とうとう双魔神対オキクルミとアマテラス。
オキクルミとの共闘、時間を操る強敵、白野威の敵討ち、と燃える要素がてんこ盛り。
しかし、戦いの後は大きな犠牲――白野威の痛々しい姿に胸が詰まります。普段の画面では流血はありませんが、絵巻で紅い血が描かれています。神であっても、奇跡的な力を持っていても、どうにもならない局面がある。傷を癒す力が欲しいと願った場面でした。
こんな状態で過去に戻ってイザナギを助けた……慈母たる強さや優しさを行動で示しています。

いよいよ最終決戦への道が開かれる。

最終章へ

その他へ戻る


トップ アイコン