シルフェイド幻想譚について

今回はお勧めのフリーゲームを紹介します。
タイトル:シルフェイド幻想譚
ジャンル:RPG
ストーリー:十五日後天空の島に起こる『災い』を止めるため、主人公の冒険が始まる。

おススメなところ
自由度の高さ
十五日間何もせずに宿屋で寝て過ごしてもよし、人助けに奔走するもよし。町を救った英雄にもなれば非戦闘員を平気で殺戮する外道にもなれる。
フィールドを移動する間、時が少しずつ流れていき、それに従って街の様子や人々の会話も変化する。主人公の知らぬところで発生し、消滅するイベントもある。
すべてを把握するには一周では到底足りない。

ストレスの少なさ
戦闘もサクサク進める。一周するだけならば数時間で終わるが、何周も遊びたくなる造りになっている。

遊び心
旅の相棒的な存在(トーテム)が見事なツッコミを披露してくれる、
ただの武器なども装備するだけでなく「使う」コマンドを選ぶことで主人公が様々なリアクションをする、
会話の端々にクスリとしてしまう、
などなど。
だが、それだけではない。
主人公が「バカには見えない服」(裸の王様が元ネタと思われる)を装備すると全裸に葉っぱ一枚というある意味勇者なグラフィックになり、町の人々の反応も変わる。仲間に装備させようとすると当然断られる。
さらに最強の装備が先代魔王を倒した伝説の武器防具「太陽の剣・大地の鎧・大気の盾」ではなく、ある町民の家具「
タンス・テーブル」であるというカオスっぷり。
ゆえにラスボスに対し、ほぼ全裸で
テーブルの陰に隠れ攻撃を防ぎ、タンスで撲殺するというプレイも可能。
……変態じゃねーか!

上記のようにギャグの色が濃いため忘れがちだがかなり重い話も含まれている。
初回プレイではほぼ間違いなく凹む結末になるだろう。

以下、思ったことをつらつらと。
・魔王との戦い、竜人(異種族)への恐怖などダイの大冒険を連想しました。
竜人たちも家族がいて、仲間がいて、決して邪悪な存在ではない。中には武人の魂を持つ者もいるし、目的のために非情な手段をとる者もいる。
だからこそ、最初見たエンディングに落ち込み、特別なエンディングを見た時は救われた気持ちになりました。
ダイの大冒険もこんな前向きな終わり方だったらよかったのになあ。
・トーテムではクロウが一番好きです。
スケイルが人気ですが私はクロウをもふもふしたい。アマテラスみたいで和みますし、何よりツッコミの鋭さが素晴らしい。
・何気なく城について訊いて吹きました。
魔王復活を阻止しようとする名君の居城……その名もバーン城!
バーン様こんなとこで何やってんすか!?
もちろん全然違いますが、(他人が嫌がって動こうとしないため)自らが率先して行動する・意外と詰めが甘いところがあるなど大魔王バーン様を彷彿とさせます。
・島のキャラクターの中ではセタがダントツで好きです。
カッコいい! 正統派ライバル! 竜人、そして戦士としての誇りが感じられます!
と思ってたら、女性だそうです。
な、なんだってー!?
人間と異種族の共存を考える上で外せない重要キャラ。
彼女の言葉はいい台詞ばかりで困ります。
ダイの大冒険の人間と異種族の壁も、セタみたいな相手がいれば……。

ここからはネタばれを含みます。
・一周目はトーテムはクロウ、シイルの町は到着時に滅んでおり、砦の非戦闘員を殺してしまったためセタが仲間にならず、
竜人消滅エンド。
いろいろとやりきれない思いになりました。
・二周目はトーテムはクロウ、一周目の心残りを清算しようとするも、シイルの町には一日遅れで到着したため予言が聞けず町は滅び、セタを仲間にすることに成功したもののラスボスを倒すタイミングを間違えたためやっぱり
竜人消滅エンド。
・今度こそ、と三周目でシイル防衛成功、セタも仲間にして
共存エンド。すごく幸せな気持ちに。
少々あっさりしている感じもしますが、冒険の日数や異種族との壁の高さ、魔王の行いなどがダイの大冒険とは異なっていますので、ちょうどいい具合だと思います。

・一番燃えるシーンはシイル防衛戦。これだけは譲れない。
「絶対に外れない」予言によって町の全滅が町民に知らされ、彼らは希望を失ってしまった。
ただ、島の住民ではない主人公だけは予言の理から外れており、未来を変える可能性を持っている。
町に向かう唯一の道に立ち、絶対に通すまいとする主人公。彼(彼女)は本来死んでも何回か生き返ることができますが、今回だけは殺されるわけにはいかない。自分一人だけではなく街の人々の命がかかっているのだから。
襲撃しにきた魔王の手下、そして魔王と戦う時は緊張しました。
守り切った時の達成感といったらもう……!
町を守った英雄として宿屋の主人からは「タダで泊まってけ」と言われます。

・シイル防衛に失敗した場合、後で宿帳を見て泣きそうになりました。
おっちゃん……! ごめん……!!

・セタに「バカには見えない服」を装備させようとすると別の意味で泣きそうになります。
ごめん! セタごめん!!
……真面目かつ純粋な性格にミストを連想してしまいました。

・一日目に砦で竜人親子と戦い、父の死に様に圧倒されました。
状況も性格も全然違いますが、もしミストバーンの最期がこんな風に漢度満点だったら……アバンが完全に霞むのでアレですね。

・真魔王を見るとどうしても真大魔王バーン様を連想。
ですので、「もう少し強い方が」とどうしても思ってしまいます。
伝説の武器防具を素手であっさり砕き、カイザーフェニックス(凄まじい威力の火炎)やカラミティウォール(全体に衝撃)を放ち、追い詰めたと思ってもベホマ(完治)で全回復。
……か、勝てる気がしません。

その他へ戻る


トップ アイコン